karrimor レビュー

【購入レビュー】カリマー新作シャツ「コミューター L/S シャツ」の魅力や残念ポイントを正直レビュー【karrimor commuter L/S shirt】 

購入レビュー】カリマー新作シャツ「コミューター L/S シャツ」

karrimor(カリマー)新作の白シャツ「コミューター L/S シャツ」の生地感やディテール、サイズ感やシルエット等の魅力や、少し残念だったポイントにも触れつつレビューしていきます。

2022年SS新作アイテムの一つして販売された「コミューター L/S シャツ」

「動きやすさ」をテーマに開発したソロテックス素材のシャツということで、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

そんな「コミューター L/S シャツ」の

・生地感
・ディテール
・サイズ感やシルエット
・残念ポイント

を、まとめてみました。

柔らかくて優しくて、機能性たっぷりのとろけるような着心地の白シャツをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

カリマー新作シャツ「コミューター L/S シャツ」の魅力や残念ポイントを正直レビュー

生地はソロテックス

生地は日本が誇るファブリックの一つでもある、帝人フロンティアが開発した機能繊維「ソロテックス」が使われています。

・ノースフェイスをはじめとしたアウトドアブランド
・エディフィスやアローズ、ビームスやジャーナルスタンダードといったセレクトショップ
・ラコステやフレッドペリー、NEW BALANCEといったスポーツブランド

など、幅広いブランドに支持されています。

主な理由として

① ソフト感

とにかく柔らかくて、気持ち良い。見渡す限り360度全て心地良いです。

肌触りに関してはカシミヤを上回ると言われている程で一度着てしまうと病みつき必至レベル。

引っかかりもなくスムーズでミルキーでマシュマロ、これはもうお手上げです

② ストレッチ性

そして、抜群のストレッチ性も特徴の一つ。

縦にも横にもぐんぐん伸びてくれるので体の動きの邪魔はありません。

アウトドアブランドやスポーツブランドとの相性は抜群でしょう。

③ 形状回復性能

ただ伸びるだけではなく、形状回復性能が優れているのもソロテックスの特徴の一つ。

分子構造が螺旋上のバネのような形になっているので伸びたり曲がったりが得意な生地だったりもします。

人間の動きに合わせて生地は伸びるけど、服自体の形が伸び切ることなく、維持されて崩れません。

また、ポリウレタン系のストレッチ性能と比較してもその耐久性が高くなっています。

④ シワになりにくい

それに、シワになりにくい、という特性までも持ち合わせています。

コミューターシャツに限っては、もともと和紙のようなシワ加工が施されているので多少シワが少し入ったとしても、目立ちにくくもなっています。

・型くずれしにくく
・シワにもなりにくい
・柔らかくて肌触わりがカシミヤ級

素晴らしい生地だということは分かっていただけたと思います。

⑤ その他の特徴

その他の特徴としては、

・他の繊維とミックスして使うことも可能
・色付きだって鮮やかで自由
・地球環境にも優しい植物由来の原料を使用

といったことも挙げられます。

まさに、弱点がない生地ではないでしょうか。

この生地が日本国内で開発されている、という現実に驚きを隠せません。

日本の誇りだと思っても良いと思います。

ディテール

右胸にファスナーポケットがありファスナーが埋もれるようなデザインとなっています。

ボタンはトップボタン以外は表には出てこないように統一されています。

ブランドロゴもしっかりと刻印。

袖のボタンも含め全て方向が同じになっているあたりからも、コダワリがうかがえます。

また、一番下はスナップボタンとなっています。

ブランドロゴは全く目立ちません。

極力表にステッチが出て来ないようになっていて

全体的にシンプルなデザインで統一されていているようです。

着心地や肌触りの良さを体現したミニマルなデザインとなっているのではないでしょうか。

コミューター サイズ感とシルエット

着用サイズはLサイズ。

175cm 66cmの僕が着た感じだと

・袖の長さはジャストなサイズ感
・身幅はややルーズなフィット
・裾が若干長めなサイズ感

となってます。

少しオーバーサイズ気味で着られるので、個人的にはちょうどよいサイズ感となってると思います。

ぜひ参考ください。

また、

裾のドローコードで絞って内側に折り返して着ることも可能です。

ちょっと違った着こなしできるかと思います。

実際に着てみて惜しいなーと思ったポイント2つ

惜しいポイント①

一つ目がボタンの取り回しです。

ボタン自体が小さくボタンホールも小さいので、脱着にちょっと時間がかかります。

滑りもよくないのでギシギシした感じがします。

全てスナップボタンでも良かったのでは?と思ってしまいました。

惜しいポイント②

2つ目がドローコード。

絞った時に余りのコードがフラフラしてしまいます。

行く場所がなくだらんっとなってしまいます。

アウトドアパンツのように上側で留められるようになっていたらなお良かったんじゃないかな、と。

とはいっても、

満足度は全く変わらず、相変わらず着心地は抜群です。

これからもメインで着ていこうかなと思っています。

まとめ

karrimor(カリマー)新作の白シャツ「コミューター L/S シャツ」を紹介させていただきました。

とにかく優しくてミルキーで着心地は抜群。

そして、動きやすさをテーマに開発した、というだけあって動きやすさも特筆すべきです。

これは間違いありません。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

※ 動画でもレビューしています。

https://youtu.be/Pqw5CeoFDtw

アクセスの多い記事

-karrimor, レビュー
-,

© 2022 なじまりブログ