Tilak レビュー

【Tilak】軍用スペックの「KETIL MIG JACKET(ケティル ミグ ジャケット)」レビュー!その4つの魅力を紹介。

Tilakの「KETIL MIG JACKET(ケティル ミグ ジャケット)」の魅力ポイントや軍納入仕様について紹介します。

ティラックのタクティカルラインである「KETIL MIG JACKET」の魅力ポイント4つ

・生地
・中綿
・ディティール
・カッティング

や、

インラインモデル「KETIL Jacket(ケティル ジャケット)」との違いをまとめてみましたので、シンプルなインサレーションジャケットをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

【Tilak】軍用スペックの「KETIL MIG JACKET(ケティル ミグ ジャケット)」レビュー!その4つの魅力を紹介。

「KETIL MIG JACKET」の魅力ポイント

・生地
・中綿
・ディティール
・カッティング

これら4つを中心に紹介していきます。

生地

生地には軽くて防風性と撥水性、耐久性に優れたPERTEX QuantumAirが使われています。

マットな質感で生地独自が持つ若干の伸縮性も助かって、粘りのある着心地を体験できます。

中綿

中綿にはCLIMASHIELD APEXを使用。

米軍の極寒仕様の防寒ウェアにも採用されていることでも有名です。

軽量で保温効果も高く、濡れにも強くへたりも少なく耐久性も期待できます。

ディティール

・前面両サイドのファスナー付きポケット
・内側の隠しファスナーポケット
・内側下側左右のメッシュのポケット
・背中側の大きなメッシュポケット

と、収納関連も十分です。

また、ファスナーの引き手は、グローブをつけた状態でも操作しやすいように棒状になっています。

しなやかで触り心地も良いので使いやすいです。

カッティング

「KETIL MIG JACKET」最大の魅力がこの腕のカッティング。

肩の部分から始まり、二の腕、肘、そして袖先に向かってのカーブ、究極は手のひらに向かってのひねり

ある意味、人間の腕よりも立体的に作られています。

腕を通した瞬間からの吸い付きは言うまでもなく、腕を動かしても動かさなくても、横に振っても縦にあげても全部がスムーズです。

こういった独特のカッティング肌で感じられるのもTilakの醍醐味の一つと言ってもいいんじゃないでしょうか。

・生地
・中綿
・ディティール
・カッティング

と、

「KETIL MIG JACKET」の魅力を4つ紹介させていただきました。

「KETIL MIG JACKET(ケティル ミグ ジャケット)」と「KETIL JACKET(ケティル ジャケット)」との違い

「KETIL MIG JACKET」はタクティカルラインとしてチェコ軍、チェコ警察に現役納入されているミルスペックアウターです。

納入する際の仕様の変更で通常のインラインモデル「KETIL Jacket(ケティル ジャケット)」と少し仕様が違う部分があるので、その仕様変更部分も紹介していこうと思います。

ロゴ

納品の仕様で「Tilak」というブランドロゴは外から見えないよう廃止されています。

そのほかにアクセント的なモノもないので、ファスナーを全て閉じてしまうとどこのブランドのものなのかが全くわからない状態になっています。

胸のポケット

インラインモデルにはある胸部分のファスナーポケットも省略されていています。

余計な装飾がないぶんよりシンプルでミニマルなデザインとなっているじゃないでしょうか。

ファスナーの引き手

ファスナーの引き手部分も変更されています。

棒状に固定された引き手で分厚めの手袋をはめていたとしても、ファスナーの開閉がスムーズにできるようになっています。

これは結構便利だったりもします。

補強

肩と肘下の部分にストレッチ性のナイロン生地で補強されています。

リアルな補強の位置であったり大きさであったりが、絶妙のバランスで格好いいです。

補強のナイロンの色が本体と僅かながら違うだけなのにも関わらず、ある意味このシンプルなジャケットに花を添えているような気がします。

中綿

中綿の重量も増量されているそうです。

袖を通すだけですぐに汗ばむくらいなので、冬本番は期待できるんじゃないでしょうか。

・ロゴ
・胸のポケットの省略
・ファスナーの取っ手
・補強のナイロン
・中綿の量

と、

チェコ山岳救助隊、チェコ軍や警察等の特殊部隊での厳しい環境下での着用を想定したゆえの仕様変更となっています。

この納入モデルが一般的に購入できるだけで、なんだかTilakファンになっちゃうくらいです。

「KETIL MIG JACKET(ケティル ミグ ジャケット)」のサイズ感

2300

身長175cm、体重66kg、着用サイズはMサイズです。

インナーにシャツを着た状態では、まだまだ余裕があるサイズ感で厚めのモノもまだ中に着られます。

ただこれ以上大きかったりすると袖が長くなってしまうので、僕の体型ではこのサイズ感がジャストのような気がします。

是非参考にしてみてください。

まとめ

ぱっと見、シンプルで何の変哲もないインサレーションジャケットですが、見た目からでは想像もできないくらい高品質で軍用でも耐えうるスペックを隠し持ったジャケットです。

まさに、男心をえぐりまわすジャケットではないでしょうか。

シンプルなインサレーションジャケットをお探しの方は是非チェックしてみてください。

※動画でも紹介しています。

https://youtu.be/crIxtIs1ytQ

アクセスの多い記事

-Tilak, レビュー
-,

© 2021 なじまりブログ